• Home »
  • 最新情報 »
  • 「琴線マイニング」市場公開データから新しい価値を抽出する方法

「琴線マイニング」市場公開データから新しい価値を抽出する方法

ソーシャルネットワーク

ソーシャルリスニングで、消費行動の種(インサイト)を発見する

1990年代、英広告業界では、消費者の深層心理や潜在的欲求(インサイト)を理解し広告戦略を立てる考え方(アカウントプラン)( )が注目され、次第に欧米社会に広がりました。

量的拡大を追求する成長社会から質的向上を志向する成熟社会に移行する中で、 消費者の琴線に触れる広告を作るには消費者自身も意識していない無意識の欲求や思考の洞察が重要と考えられたからです。

琴線マイニングは、クラウドサービスで公開されている一般消費者の自然で率直な意見を統計的に分析し、広告、商品、サービスの企画立案の改善の支援を通じ、 ビジネスに貢献 します。

日本では、トヨタの高級車レクサスの米国高級車市場への参入(1989)が有名です。(

リサーチャー自身が、潜在顧客の好むライフスタイルを実際に体験することで、ニューリッチ層の潜在需要(「穏やかさと安らぎ」)を見出し、在来の重厚で威厳を放つ高級車に飽いていた、顧客層の支持を得、大衆車メーカーのイメージを打ち破って、高級車市場への参入に成功しました。

)アカウントプランの実施例